肌を保湿して大人ニキビをなくそう!

乾燥肌から潤い肌へ保湿ジェルでニキビの無い肌!

大人ニキビの原因はいろいろありますが乾燥肌の人は注意した方がいいです。

 

それは乾燥することで皮脂の分泌を多くしているかもしれません。

 

 

「いやそんなことない。乾燥はしていない」と思ってもそれは皮脂のせいでが潤って見えているかも。

 

 

肌は水分などで潤っているわけですが、乾燥肌の人は水分では潤うことができず皮脂を出し続けて肌を守ろうと働きかけます。

 

 



 

 

 

 

肌の保湿で柔軟性のある肌になる

 

なぜ肌の柔軟性が良いとニキビができにくいのか?

 

それはまず先ほどの皮脂のコントロールにもありますが、それとは別に

 

毛穴を詰まらせないようにするためです。

 

 

 

 

乾燥したものってなんでも伸びたり縮んだりしないですよね。肌も同じなんです潤っていなけれ柔軟性が失われます。

 

肌は乾燥すると硬くなりしかも!皮脂が多く分泌されて古い角質はますますはがれにくくなります。

 

 

ターンオーバーの妨げになる乾燥肌

 

ターンオーバーは約28日間で肌を生まれ変わらせています。

 

内側からどんどん肌が生まれ変わってくるのですが、もし古い角質が残ってしまったら・・・ニキビ発生です。

 

 

 

わかりやすいニキビの経過

 

 

 

まず古い角質がはがれないため毛穴をふさいでしまいます。

 

        ↓

 

毛穴の中で皮脂がで詰まってしまいます。

 

        ↓

 

アクネ菌がその毛穴に集中してしまいニキビが発生します。(白ニキビ)

 

        ↓

 

古い角質や皮脂が空気に触れ酸化し黒化します。(黒ニキビ)

 

        ↓

 

アクネ菌が過剰繁殖し炎症を起こし始め赤くはれ上がります。(赤ニキビ)

 

        ↓

 

白血球が繁殖しすぎたニキビ菌を攻撃します。この時に膿ができてしまいます。(炎症ニキビ)

 

        ↓

 

炎症が酷いと毛穴を破り隣の毛穴に繁殖し広がっていきます。

 

        ↓

 

(膿排出)膿が全部出し切れないと吸収してしまいます。

 

        ↓

 

ひどい場合はクレーター(陥没)ニキビに、また色素沈着してしまいます。

 

 

 

肌の潤いを保つにはビタミンCがいいのはなぜ?

 

ビタミンCはコラーゲンの生成に役立っています。そしてビタミンCは水溶性で、約30%締めるコラーゲンの構成物質の酵素反応の補酵素として働いているんです。

 

ですがビタミンCはそのままでは吸収しずらいということもあるんです。サプリメント等でもよいのですが皮膚に届くのは体中を回って最後に届く感じです。(ですが効果はあります)

 

まただからと言って必要以上に摂取しても吸収できず尿として排出されてしまいます。

 

なのでビタミンC誘導体にしたり、コラーゲンやヒアルロン酸配合などはジェルは吸収しやすいように低分子化されたものが肌からは吸収されやすいんです。

 

保湿ジェルなどではリプロスキンなどが人気ですよね。肌を保湿していれば肌バリアにもなります。

 

あまり顔の部分でもケアしない耳などもしっかりしておかないと耳ニキビになることも。

 

気になる方はコラーゲンやヒアルロン酸といった肌の主役成分配合の保湿ジェルで保湿ケアすると美肌だけでなくニキビができにくい強い肌を作ることが出来ます。

 

 

 

リプロスキン保湿ジェル